内蔵Luaで実行する際、@ で始まる行を無視するよう修正した

nyagos 4.3 で、バッチファイルに Lua を組み込んで実行する際、内蔵Lua が 5.3 から 5.1 になったため、ラベルの文法がなくなって

@setlocal & set "ARGS=%*" & nyagos.exe --norc  -e "_,_,b=io.input([[%~f0]]):read('*l','*l','*a');assert(loadstring('\n'..b,[[%~f0]]))()"
@endlocal & exit /b %ERRORLEVEL%

とかヘッダに書かなくてはいけなくなって、たいへんになった…とに書いた。 でも、ホストアプリケーションを自分で書いているんだから、このくらい何とか出来そうなもんだ。

ということで、何とかした:

@nyagos --norc --lua-file "%~f0" %*
@exit /b %ERRORLEVEL%

for key,val in pairs(arg) do
    print(key,val)
end

単に読み出す時に @ で始まる行をカットするようにしただけ。 これを実現するのが以下の関数

func DoFileExceptForAtmarkLines(L *lua.LState, fname string) error {
    fd, err := os.Open(fname)
    if err != nil {
        return err
    }
    reader, writer := io.Pipe()
    go func() {
        scan := bufio.NewScanner(fd)
        for scan.Scan() {
            line := scan.Text()
            if len(line) > 0 && line[0] == '@' {
                line = ""
            }
            fmt.Fprintln(writer, line)
        }
        writer.Close()
        fd.Close()
    }()
    f, err := L.Load(reader, fname)
    reader.Close()
    if err != nil {
        return err
    }
    L.Push(f)
    return L.PCall(0, 0, nil)
}

GopherLua には文字列を実行する LoadString , ファイルを実行する LoadFile の他に、io.Reader を取る Load があるので、それに ioPipe のパイプラインの Reader 側を渡しているわけだ。こんなカジュアルに goroutine を作ってもいいのかなぁとつい考えてしまうが、全部を読みだして、string.Builder で文字列化してから、string.Reader を渡すよりはマシか。もっとコスト低い方法はないかな…

nyagos 内蔵 Lua 組み込みバッチファイルの雛型

nyagos内蔵Lua が 5.1 になったので前の 5.3 向けの方法が使えなくなった

donyagos.cmd

@setlocal & set "ARGS=%*" & nyagos.exe --norc  -e "_,_,b=io.input([[%~f0]]):read('*l','*l','*a');assert(loadstring('\n'..b,[[%~f0]]))()"
@endlocal & exit /b %ERRORLEVEL%

print(nyagos.env.args)

自分のマシンの IP アドレスを列挙するコマンドを作った

自分の IP アドレスを表示するだけのコマンド。Go の net ライブラリを使った。

  • IPv4 アドレス
  • UP している
  • loopback でない
  • キーワードが指定されている時は、そのキーワードがインターフェイス名に含まれたものとする

マシンのブート時に以下のようなコマンドを含むバッチファイルを実行して、IP アドレスを OneDrive 上のファイルに出力させる (相対パスを使っているので分かりにくいのは勘弁)

"%~dp0..\bin64\localhosts.exe" -o "%~dp0\..\etc\%COMPUTERNAME%" ローカル

これを拾い上げて、自宅から会社にリモートログインする際の宛先とするのだ。 固定IP なら、こんな苦労はなかったんだけどねぇ…

nyagos豆知識!(じゃじゃーん)- 「cd -h」

「cd -h」とすると、それまでたどったディレクトリが一覧で出るよ。もし「-2 C:\Users\hymko」とか表示されたら「cd -2」でそこへ移動できるよ!

<DESKTOP-LGGUCRA:~/go/src/github.com>
$ cd -h
-3 C:\Users\hymko
-2 C:\Users\hymko\go\src\github.com\zetamatta\nyagos
-1 C:\Users\hymko\go\src\github.com\zetamatta
<DESKTOP-LGGUCRA:~/go/src/github.com>
$ cd -2
<DESKTOP-LGGUCRA:~/go/src/github.com/zetamatta/nyagos>
$

静的型付け言語に慣れた開発者が AutoLISP でやったアレコレ

(2018.06.02)
「静的型付け言語に慣れた開発者が貧弱なCAD用 Lispでやったアレコレ」からタイトル変更しました

静的型付け言語になれた身としては、欲しい機能がいろいろなくて、つらたにえん。せめて、CommonLisp だったら、もうちょっと楽なんだろうなぁ(使ったことないけど)

(let) がない

ローカル変数は使えるが、宣言できる場所が (defun) の直後だけというのはつらい。もっと使う場所の近くで、狭い有効範囲をきって使いたい。普通は(let)を使うところだが、CAD系Lispには(let)がない。仕方ないので((lambda (/ 変数リスト) … )) で代用するようにした(というのが下記の記事)

early-return がない

他の言語だと、エラーの場合早々に return するのがよいとされているが、CAD用Lispには return 文的なものがない。結果、関数の頭で、エラーチェックをたくさんする時、以下のような問題がある。

  • (if) でエラーチェックすると、正常系のコードが else句の奥底のすごく深いインデントになってしまう
  • (quit) でアプリケーションを終了すると、finally 的処理が呼ばれない(エラートラップ等でひと工夫すればできなくもないが、仕組みが大層)

(cond) を使うようにすれば、エラーケースがたくさんあっても、あまりインデントは深くならない(ただ、エラー条件が複雑になると、うまく書けない時も多い)

(cond
  ((エラー条件1)
   エラー処理1
  )
  ((エラー条件2)
    エラー処理2
  )
  ; 中略
  ((エラー条件N)
    エラー処理N)
  (T
     正常系処理
  )

グローバル変数をうっかり壊してしまう

Perl でいうところの use strict が欲しい。なければ作ればよいのだ。

ソースファイルをS式として読み込んで、(defun)の中身を解析し、未使用の変数や、逆に宣言漏れがあったら、コマンドラインにリポートする。

名前空間がない

いろいろ (load) していると関数名が被ることが懸念される。といっても名前空間がないので、

  • グローバルな名前には接頭語をつける(ありがち)
    • foo.lsp ならば (defun foo-xxxx …)
  • 関数内関数で済むなら、それですませる(その関数名はローカルで)

といった方向で誤魔化す。

以上

バッチファイルで strtok 的な変数の分割切り出し処理

%PATH% の各ディレクトリを一つずつ処理する(ここでは表示するだけ)

@echo off

setlocal
set "PATHS=%PATH%"
:loop
    for /F "tokens=1,* delims=;" %%I in ("%PATHS%") do (
        echo %%I
        set "PATHS=%%J"
    )
    if not "%PATHS%" == "" goto loop

endlocal
$ strtok
C:\MinGW\bin
C:\Program Files (x86)\Common Files\Oracle\Java\javapath
C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath
C:\WINDOWS\system32
C:\WINDOWS
C:\WINDOWS\System32\Wbem
C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0
C:\TDM-GCC-64\bin
C:\Program Files\Git\cmd
C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\
C:\WINDOWS\System32\OpenSSH\
C:\Program Files\Steel Bank Common Lisp\1.4.2\
C:\Users\hymko\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps
C:\Program Files\Mercurial
C:\Program Files\Microsoft VS Code\bin
C:\Users\hymko\Share\Program Files\vim80-kaoriya-win64
C:\Users\hymko\Share\bin64
C:\Users\hymko\Share\bin
C:\Users\hymko\go\bin
c:\go\bin
C:\Python27

go get でインストールされる実行ファイル置き場をバッチファイルで得る

%GOPATH%\bin と書いてしまいがちだが

  • %GOPATH% が未定義の時
    • %USERPROFILE%\go が代替として使われる
  • %GOPATH% に複数のディレクトリが登録されている時

ので、一工夫必要だ。

@echo off

setlocal

if "%GOPATH%" == "" (
    set "DIR=%USERPROFILE%\go"
) else (
    set "DIR=%GOPATH%"
)

for /F "delims=;" %%I in ("%DIR%") do set "GOBIN=%%I\bin"

echo GOBIN=%GOBIN%

endlocal

思ったほど大した工夫は要らなかった…