OneNote 2016 を使ってみた

evernote のデータを本格的に移行しようとは思わなかったが、ちょっとお試しで OneNote を使ってみた。

OneNote の種類にとまどった

会社PC の Office2010 に入ってる OneNote と、Windows10 に最初から入っている OneNote のユーザインターフェイスが微妙に違う。 単にバージョンが違うからかと思って、フリー版の最新であるはずの OneNote を入れてみたが、それでもなお Windows10 の OneNote とそっくりにならない。

どうやら、Windows10 にプリインストールされている「OneNote(無印)」はモバイル向けの OneNote で、 フリー版の OneNote =「OneNote 2016」とはまた違うバージョンとは違うもののようだ。 使い勝手では Office 2016 が一番使いやすいので、会社PC、自宅PCともに OneNote 2016 に統一することにした。

なお、OneNote 2010 もちょっと使ってデータがあったのだが、OneNote 2016 にデータを移すには、 サブスクリプションの購入が必要のようだ。大したデータでもないので、すっぱり捨てた。

evernote との違い

  • OneNote は端末数に制限なし。evernote は無料は2台まで

    • OneNote はパスワード付きのフォルダーが作れるが、PC でしか読むことができない。モバイル端末ではパスワードを知っていてもフォルダーを開けない(※@unagix さんからの指摘を受けて追記:開けないのは、Fireタブレットだけかも?)
  • OneNote はフォルダー管理、evernote はタグ管理

    • OneNote は多層の階層構造がある
      • ノートブック (>セクショングループ)>セクション>ページ>サブページ
      • サブページの下にサブページは作れるが、折りたたむ事ができないので、あまり意味がない
    • evernote にも階層構造はあるが、ノートブック>ノートと1階層のみ
      • そのかわり、多数のタグをつけることができる
  • 両方とも検索すれば、まぁ、記述を探すことには不便がない。

  • ゴミページがたくさんできてしまうような使い方の場合、階層構造がある方がゴミページを目立たない方へ移動させられるということで、精神衛生上よいような気がする(そんなことしても「検索」すれば出てきてしまうのではあるが)

その他

  • OneNote はオフィスファミリーの一員であるため、Excel とかと相性がよいような気がする。
  • OneNote にはファイルを添付できるのはよいのだが、ファイル名を全部表示してくれないのは非常に残念。拡張子を表示してくれないのはだめだろう。
  • 自分は、自分のマシンのファイル散乱対策に結構使えると思ってる。Thunderbird のメールを直接ドラッグ&ドロップも出来るので、メール+関連ファイルを1つのページにおさめておくことができる(evernote でも多分できるだろう)。

とりあえず、以上