内蔵Luaで実行する際、@ で始まる行を無視するよう修正した

nyagos 4.3 で、バッチファイルに Lua を組み込んで実行する際、内蔵Lua が 5.3 から 5.1 になったため、ラベルの文法がなくなって

@setlocal & set "ARGS=%*" & nyagos.exe --norc  -e "_,_,b=io.input([[%~f0]]):read('*l','*l','*a');assert(loadstring('\n'..b,[[%~f0]]))()"
@endlocal & exit /b %ERRORLEVEL%

とかヘッダに書かなくてはいけなくなって、たいへんになった…とに書いた。 でも、ホストアプリケーションを自分で書いているんだから、このくらい何とか出来そうなもんだ。

ということで、何とかした:

@nyagos --norc --lua-file "%~f0" %*
@exit /b %ERRORLEVEL%

for key,val in pairs(arg) do
    print(key,val)
end

単に読み出す時に @ で始まる行をカットするようにしただけ。 これを実現するのが以下の関数

func DoFileExceptForAtmarkLines(L *lua.LState, fname string) error {
    fd, err := os.Open(fname)
    if err != nil {
        return err
    }
    reader, writer := io.Pipe()
    go func() {
        scan := bufio.NewScanner(fd)
        for scan.Scan() {
            line := scan.Text()
            if len(line) > 0 && line[0] == '@' {
                line = ""
            }
            fmt.Fprintln(writer, line)
        }
        writer.Close()
        fd.Close()
    }()
    f, err := L.Load(reader, fname)
    reader.Close()
    if err != nil {
        return err
    }
    L.Push(f)
    return L.PCall(0, 0, nil)
}

GopherLua には文字列を実行する LoadString , ファイルを実行する LoadFile の他に、io.Reader を取る Load があるので、それに ioPipe のパイプラインの Reader 側を渡しているわけだ。こんなカジュアルに goroutine を作ってもいいのかなぁとつい考えてしまうが、全部を読みだして、string.Builder で文字列化してから、string.Reader を渡すよりはマシか。もっとコスト低い方法はないかな…