WindowsTerminal の起動シェルに nyagos を指定する

(2020.05.24 追記:nyagos向け設定行で、起動ディレクトリを %USERPROFILE% で指定するようにした)

Windows Terminal 1.0 が出たようですね!

フォントがなかなかよいけど、どうせサロゲートペアな Unicode は表示できないんでしょ…と思ってたら、表示できてしまったので、ビックリです。 マジかよ
(コンソールバッファどうしてるんだよ。1セル2バイトだろ、あれ…)

これは常用したくなってきました。

ということで、デフォルトの起動シェルを PowerShell から nyagos に変更してみました。手順は下記のとおりです。

  1. Windows Terminal を起動する
  2. Ctrl-, (Comma) を押下すると設定ファイルが標準テキストエディターでオープンされる。
  3. 次のように修正してセーブ

トップ → "Profiles""list" の下に NYAGOS のエントリを追加する

(例)

{
      "guid": "{19ddaf5e-e045-481a-bf88-37f7ebe66292}",
      "hidden": false,
      "name": "Nihongo Yet Another GOing Shell",
      "commandline": "%USERPROFILE%\\Share\\Bin64\\nyagos.exe",
      "cursorShape": "vintage",
      "startingDirectory": "%USERPROFILE%"
}

(ここに記載した guid はツールで適当に作った guid だが、他と重複しなければなんでもよい。ここのをそのまま使っても問題ないはず)

トップ直下の "defaultProfile"PowerShell の guid から、追加したエントリの nyagos の guid に変更する。

    "defaultProfile": "{19ddaf5e-e045-481a-bf88-37f7ebe66292}",
    // "defaultProfile": "{61c54bbd-c2c6-5271-96e7-009a87ff44bf}",

画面サイズも変更したい場合は、以下のようなエントリをトップ直下に追加しておくとよい(正直、デフォルトは大きすぎる)

"initialCols": 90,
"initialRows": 30,

以上です。しばらく、これでがんばってみましょう