nyagos で lua53.dll のかわりに GopherLua を使おう

2018/04/25 付け記事:nyagos で lua53.dll のかわりに GopherLua を使おう - Qiitaより転載

nyagos で lua53.dll のかわりに GopherLua を使おう Using GopherLua instead of lua53.dll · Issue #300 · zetamatta/nyagos


lua53.dll にはいくつか問題があります。

  • MinGW gcc 6 でビルドされた lua53.dll は LIBGCC_S_DW2-1.DLL を必要とします。
    • luaBinaries でダウンロードできる lua53.dll は MinGW gcc 4 や Visual C++ でビルドされているようです。
    • GCC のstatic-linkオプションは、EXEファイルのビルドにおいて働くもので、DLL のビルドには効きません。
  • appveyor での自動ビルド時、luaBinaries から lua53.dll をダウンロードしていますが、度々失敗しています。

また、nyagos で lua53.dll を用いたサードパーティライブラリも滅多に必要とされないようです。

ならば、lua53.dll のかわりに GopherLua を使うべきではないでしょうか。 計画は始まっています。


ということで NYAGOS は今、Lua エンジンを lua53.dll から GopherLua へ切り替え中です。(完成したら NYAGOS 4.3 になるでしょう)

仕掛中のソースは develop ブランチの https://github.com/zetamatta/nyagos/tree/develop/gopherSh 以下にぶら下がっています。エンジン自体は既に GopherLua に変わっていますが、幾つかの機能(補完のフックと、OLE呼び出し)の移植が済んでいません。進捗的には 2018年5月の連休までにα版がリリースできたらいいなというところです。

ご期待ください (また、別途、lua53.dll と GopherLua の使い勝手の違いもリポートします)