NYAGOS 4.4.6_2 を公開しました。

修正点は以下だけになります。

  • Fix: Ctrl-C を押下すると、Ctrl-D のようにシェルが終了してしまう不具合を修正 (4.4.6_0 で #383 修正時に発生)

#383 は「ターミナルがクラッシュした時、一行入力関数がエラーを返していたが、それを無視していたために、一行入力関数がユーザの入力のないまま無限ループしてしまう」という不具合でした。これを直すために「一行入力関数がエラーを返した時、ただちに終了する」という対応を 4.4.6_0 にて入れました。

はい、「一行入力関数はCtrl-C を押下された結果もエラーとして扱っていた」ので、それでただちに終了してしまっていたということです。

Ctrl-C によるエラー終了の場合は普通に、一行入力関数を再度呼ぶよう、呼び出し元を直しました(4.4.6_2)。

現場からは以上です。